江戸幕府の徳川15代将軍の覚え方

江戸幕府の徳川将軍の覚え方のコツですが、「名前」と「やったこと」と一緒に「キャラクターの絵」も合わせて覚えてください。

「キャラクターの絵」があるだけで、大分覚えやすくなっているはずです。

徳川家康(とくがわいえやす)[1543年 - 1616年]

徳川家康(とくがわいえやす)

鳥(「と」り)の羽、「ク」マの耳、「川」の水色、家、「やす」を合体させたキャラクター、徳川家康。

安土桃山時代には五大老の筆頭でした。

1600年に関ヶ原の戦いで石田三成を破り、1603年に征夷大将軍に就くと、江戸に幕府を開きます。

江戸幕府初代征夷大将軍(在職:1603年 - 1605年)。

金座で慶長小判を鋳造し、銀座で丁銀を鋳造します。

1605年に徳川秀忠に将軍職を世襲しますが、大御所として実権を握ったまま江戸から駿府城に移ります。

1614年の大坂冬の陣、および1615年の大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼしました。

1615年には金地院崇伝に命じて武家諸法度(元和令武家諸法度)を起草させ、徳川秀忠の名で発布させました。

1616年に太政大臣に任じられた翌月、亡くなりました。

死後、日光東照宮に祀られます。

徳川秀忠(とくがわひでただ)[1579年 - 1632年]

徳川秀忠(とくがわひでただ)

「ト」マト色、「ク」マの耳、「川」の形の髪の毛、「火手」、「忠」を合体させたキャラクター、徳川秀忠。

江戸幕府第2代征夷大将軍(在職:1605年 - 1623年)。

1605年に将軍になったものの、実権は大御所の徳川家康が握っていました。

1615年、徳川秀忠の名で元和令武家諸法度が発布されます。

1616年、徳川家康の死去により名実ともに将軍となり、1617年に領地宛行状を発給します。

徳川家光(とくがわいえみつ)[1604年 - 1651年]

徳川家光(とくがわいえみつ)

「ト」マト色の屋根、「ク」マの体、「川」、「家」、「光」を合体させたキャラクター、徳川家光。

江戸幕府の第3代将軍(在職:1623年 - 1651年)。

1635年に寛永令武家諸法度を発布します。また、この武家諸法度で参勤交代を制度化しました。

1636年に銭座で寛永通宝を鋳造します。

1637年に島原の乱が起きます。

1651年に死去すると、由井正雪による国家転覆行動である慶安の変が起きますが未遂に終わります。

これを受けて幕府は、浪人の数が増えるきっかけとなる改易を減らすため、末期養子の禁の緩和を行いました。

徳川家綱(とくがわいえつな)[1641年 - 1680年]

徳川家綱(とくがわいえつな)

「ト」マト色の屋根、「ク」マの耳、「川」、「家」、「綱」を合体させたキャラクター、徳川家綱。

江戸幕府の第4代将軍(在職:1651年 - 1680年)。

徳川家綱から、武力ではなく教化や法令で世を治める文治政治が始まります。

1657年に明暦の大火が起き、江戸城の天守閣が焼失しますが、保科正之により天守閣の再建は見送られました。

1663年に殉死の禁止を命じた。

徳川綱吉(とくがわつなよし)[1646年 - 1709年]

徳川綱吉(とくがわつなよし)

「ト」マト色のふんどし、「ク」マの耳、「川」の形の髪の毛、横「綱」、夜、死を合わせたキャラクター、徳川綱吉。

江戸幕府の第5代将軍(在職:1680年 - 1709年)。

1681年に、現存する護国寺を建立しました。

1683年に天和令武家諸法度を発布します。

1685年以降に極端な動物愛護令である生類憐みの令を出します。

1690年には湯島聖堂ができます。

1695年には荻原重秀の上申により元禄小判を発行します。結果、幕府の収入は増加しましたが、物価も騰貴しました。

徳川家宣(とくがわいえのぶ)[1662年 - 1712年]

徳川家宣(とくがわいえのぶ)

鳥(「と」り)、「ク」マの耳、「川」の色の服、「家」、「野ブ」タを合わせたキャラクター、徳川家宣。

江戸幕府の第6代将軍(在職:1709年 - 1712年)。

新井白石の忠言により朝鮮からの国書の将軍の表記を『日本国大君殿下』から『日本国王』に改めさせました。

徳川家継(とくがわいえつぐ)[1709年 - 1716年]

徳川家継(とくがわいえつぐ)

「ク」マ、「家」、「なんか注(つ)いでくれそう」を合わせたキャラクター、徳川家継。

江戸幕府の第7代将軍(在職:1713年 - 1716年)。

徳川吉宗(とくがわよしむね)[1684年 - 1751年]

徳川吉宗(とくがわよしむね)

「ト」マト色のツノ、「ク」マ、「川」の字の髪の毛、「良い胸」を合わせたキャラクター、徳川吉宗。

江戸幕府の第8代将軍(在職:1716年 - 1745年)。

享保の改革を行います。

大岡忠助に「公事方御定書」を編纂させます。

目安箱を設置します。

小石川養生所を作ります。

堂島米市場を公認します。

徳川家重(とくがわいえしげ)[1711年 - 1761年]

徳川家重(とくがわいえしげ)

「ト」マト色の屋根、「ク」マ、「家」を「重」ねてます、を合わせたキャラクター、徳川家重。

江戸幕府の第9代将軍(在職:1745年 - 1760年)。

徳川家治(とくがわいえはる)[1737年 - 1786年]

徳川家治(とくがわいえはる)

「家」「春(桜が咲いてます)」を合わせたキャラクター、徳川家治。

江戸幕府の第10代将軍(在職:1760年 - 1786年)。

徳川家斉(とくがわいえなり)[1773年 - 1841年]

徳川家斉(とくがわいえなり)

家です、家だよ、家なり、徳川家斉。

江戸幕府の第11代将軍(在職:1787年 - 1837年)。

天明の飢饉の影響で1787年に大坂の打ちこわし、江戸の打ちこわしが起こります。

1787年から1793年まで松平定信による寛政の改革が行われます。

徳川家慶(とくがわいえよし)[1793年 - 1853年]

徳川家慶(とくがわいえよし)

「ト」マト色の服、「ク」マ、「川」の形の髪の毛、「家」、「夜」、白(「し」ろ)を合わせたキャラクター、徳川家慶。

江戸幕府の第12代将軍(在職:1837年 - 1853年)。

大塩平八郎の乱やモリソン号事件を受けて水戸藩主の徳川斉昭に戊戌封事を提出されます。

1841年から1843年まで水野忠邦による天保の改革が行われます。

水野忠邦の失脚後は阿部正弘を老中に任用しました。

徳川家定(とくがわいえさだ)[1824年 - 1858年]

徳川家定(とくがわいえさだ)

「ト」マト色の屋根、「川」の形の髪の毛、「家」、「サ」ル「だ」、を合わせたキャラクター、徳川家定。

江戸幕府の第13代将軍(在職:1853年 - 1858年)。

黒船が来航し、阿部正弘が安政の改革を行いました。

徳川家茂(とくがわいえもち)[1846年 - 1866年]

徳川家茂(とくがわいえもち)

お餅(もち)です、徳川家茂。

江戸幕府の第14代将軍(在職:1858年 - 1866年)。

1862年に孝明天皇の妹、和宮と結婚します。

1862年、島津久光の圧力の下、江戸で文久の改革が行われました。

第2次長州征討の途上で病で亡くなりました。

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)[1837年 - 1913年]

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)

なにかカワイイ絵を描きたい気分でした、徳川慶喜。

江戸幕府の第15代将軍(在職:1866年 - 1867年)。

1867年に大政奉還を行うことで、江戸幕府が終わります。

倒幕派は徳川慶喜が朝廷政権下で力を持つことに反発し王政復古の大号令を行います。

辞官納地を命じられ、戊辰戦争が勃発しますが、江戸無血開城を行い敗れます。